!個別ポケモンテンプレート - ポケモン対戦考察まとめWiki|第八世代(ソード・シールド)

ポケモン名 節を編集

No.000 タイプ:タイプ1/タイプ2
特性:特性1(効果)
   特性2(効果)
体重:xx.xkg(けたぐり・くさむすびの威力xx)
No.000 タイプ:タイプ1/タイプ2
通常特性:特性1(効果)
     特性2(効果)
隠れ特性:隠れ特性(効果)
体重  :xx.xkg(けたぐり・くさむすびの威力xx)
No.000 タイプ:タイプ1/タイプ2
通常特性:特性1(効果)
     特性2(効果)
隠れ特性:隠れ特性(効果)
体重  :xx.xkg(けたぐり・くさむすびの威力xx)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
モロバレル1148570858030464さいせいりょく

↓灰色+薄い赤色

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
0000000いかく

↓鎧の孤島・冠の雪原のロゴをイメージしたテーブル

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
0000000いかく

↓ソード・シールドのパッケージの色をイメージしたテーブル

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
0000000いかく

↓サン・ムーンのパッケージの色をイメージしたテーブル

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
0000000いかく

↓暖色系

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
0000000いかく

↓黄色系

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
0000000いかく

↓緑系

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
0000000いかく

↓青系

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
0000000いかく

↓紫系

ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
0000000いかく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)---
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

ここのスペースは

  1. 特徴
  2. 役割
  3. 他ポケとの差別化
  4. 総合的な議論
    など


キョダイマックス 節を編集

キョダイマックス技
キョダイマックス技変化する技タイプ解説
キョダイゴクエンほのおほのおタイプ以外のポケモンに4ターンの間ダメージを与え続ける。
考察及びダイマックスとの比較
ダイバーンによる火力アップができない。
ダイマックスの詳細

形態考察 節を編集

別フォルムなど、形態によって運用が異なる場合、特性考察の替わりにこの項目を立てる。

通常ポケモン 節を編集

特性

個別フォルム 節を編集

特性

特性考察 節を編集

特性1
特性1の考察
特性2
特性2の考察
隠れ特性
隠れ特性の考察

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
わざ電気11070異常30%ここに解説
特殊技タイプ威力命中効果解説
わざ120100異常10%
反動1/3
ここに解説
変化技タイプ命中解説
わざ-ここに解説
-
-
-

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイアタックノーマル素材xx0相手:S↓解説
だいばくはつ150使用後瀕死のデメリットを踏み倒せるが威力は下がる。
ダイバーン炎素材xx0天候:晴れ解説
ダイストリーム水素材xx0天候:雨解説
ダイサンダー電素材xx0場:EF解説
ダイソウゲン草素材xx0場:GF解説
ダイアイス氷素材xx0天候:霰解説
ダイナックル闘素材xx0味方:A↑解説
ダイアシッド毒素材xx0味方:C↑解説
ダイアース地素材xx0味方:D↑解説
ダイジェット飛素材xx0味方:S↑解説
ダイサイコ超素材xx0場:PF解説
ダイワーム虫素材xx0相手:C↓解説
ダイロック岩素材xx0天候:砂嵐解説
ダイホロウ霊素材xx0相手:B↓解説
ダイドラグーン龍素材xx0相手:A↓解説
ダイアーク悪素材xx0相手:D↓解説
ダイスチル鋼素材xx0味方:B↑解説
ダイフェアリー妖素材xx0場:MF解説
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックスターン枯らしに。

型考察 節を編集

型名 節を編集

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:
※確定技・選択技の候補はスラッシュ(/)で区切る。ただし、基本的に同時に覚えさせない、覚えられない技同士はorで区切る(例:なみのりorハイドロポンプ)
※技の選択肢が複数ある場合、なるべく優先したい技が左にくるよう並べるのが望ましい

アタッカー型 節を編集

サポート型 節を編集


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ポケモン名 節を編集

注意すべき点
このポケモンを相手にするときに注意すべき点を記載
対策方法
このポケモンの対策方法を記載

覚える技 節を編集

ポケモン数の増加とともに作業量が膨大になると予想されるため、省略可。
遺伝経路は記述する。

+  レベル技・教え技・技マシンなど

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
ここに技名00ノーマル物理0

※配布やXD、PDWで特別に覚えている技を記載。なければ項目自体を削除

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数----歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で----歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件※無ければ項目不要
分岐進化※無ければ項目不要

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
技名レベルポケモン(Lv.XX)/ポケモン系統
レベルアップで覚えるポケモン、および系統を記載する。
系統表記はその系統全てが覚える場合のみ。習得レベルの記載は任意。
技名自力Lv.XX
最新世代で自力で習得する方法を記載する。
技名タマゴポケモン(進化前の種族名)など
タマゴ技として覚えるポケモンをタマゴから生まれる状態の種族名で記載する。
必須の項目ではないが、複数の技を同時遺伝する場合に有用な系統がある場合には特記してもよい。
その性質上全ての系統を列挙しない場合があるため、その際は末尾に「など」と記述する。
技名リレーポケモン系統(タマゴグループ)→ポケモン(進化前の種族名)(タマゴグループ)
技の遺伝元もまたタマゴ技でしか覚えられない場合、自力習得可能な系統まで遡ってその経路を記載する。
直接遺伝させられないことを明示するため、タマゴグループの明記を推奨。
技名マシンポケモン系統(技XX)
技マシンで覚えるポケモンを記載する。マシン番号の併記を推奨。
技名教えポケモン系統(コスト)
教え技で覚えるポケモンを記載する。必要BPなどコストの併記を推奨。
技名スケッチドーブル
スケッチしたドーブルからしか遺伝できないものを記載する。
技名旧自力VC1st:Lv.XX, 世代:技XX, 世代:教え技(XXBP)
技名旧レベル世代:ポケモン系統
技名旧マシン世代:ポケモン系統(技XX), 世代:ポケモン系統(秘0X)
技名旧教え3rd:ポケモン系統(FL, Em:XXBP), 4th:ポケモン系統(Pt:赤X青X黄X緑X), 5th:ポケモン系統(赤XX)
過去作でしか覚えられない技を方法別に記載する。基本的な記法は旧なしと同じ。
旧自力は現在自力で覚えられないもののみ記載。
旧レベルは現在のレベル技から削除されているもののみ記載。
旧マシンは現在の技マシンに存在しないあるいは覚えられないもののみ記載。
旧教えは最新作での覚え方を記載し、それ以前のものは任意。
  • 技行の並びは五十音順。
  • 表の形態・習得方法の別および背景色は統一的なデータとするため一律とする。
  • 覚える系統は図鑑番号順に並べ、数が多くなる場合は世代単位を目安に5~6系統ごとに改行する。
  • 同時遺伝に特に有用な系統については背景色を指定し強調してもよい。
    • 背景色例:ポケモン系統/ポケモン系統/ポケモン系統
  • サンプルページ:フシギバナ/リザードン/カメックス/ウツボット(マシン)/ダーテング(スケッチ)
+  VC第2世代
  • VC第2世代でのタマゴ技。
  • 表の形式は最新世代に順ずる。
  • 技の両立可否を明示することが目的であるため、最新世代にてレベルアップや技マシン・教え技で習得できる技は記載不要。

よく使われる構文 節を編集

よく使われる構文に移動

共通タグ 節を編集

タグ名説明
ポケモンポケモンの個別考察ページ
第〇世代初登場の世代
タイプそのポケモンが持つタイプ
メガシンカメガシンカするポケモン
進化前最終進化系ではないポケモン
原種リージョンフォームに対して既に知られていたポケモン
リージョンフォーム原種とは異なる姿で新たに登場したポケモン
アローラのすがた第7世代にて新たな姿で登場したポケモン
ガラルのすがた第8世代にて新たな姿で登場したポケモン
タマゴグループそのポケモンが属すタマゴグループ
各特性その特性を持つポケモン
データ集対戦に関わるデータをまとめたページ
レギュレーション対戦ルールに関するページ